teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


私なら2話と19話

 投稿者:ぴこ  投稿日:2010年 4月21日(水)23時30分8秒
返信・引用
  はじめまして。予想大会楽しそうので、参加させていただきます。

「必殺仕事人」は、84話もあるので悩みますね。2話のラストで、主水に「俺、お前さん達と組みたいだが」と言って仲間になる話は大事ですよね。19話の「仕事人が女に惚れてなぜ悪い」は、仕事人だから、好きな女と一緒になれないと悩むシーンが印象的ですね。

私は、中学の時に「必殺仕事人・激突!」を見て「必殺」が好きになり、秀出演作品は、レンタル屋に行ったり、再放送見たりしました。「必殺仕事人」は、高校の時、再放送で見ました。最近は、テレ朝チャンネルで、放送してたので、DVDに録画しました。

23日楽しみですね。今回、はじめて書き込みさせていただきました。まだまだ新参者ですが、よろしくお願いいたします。
 
 

もう一つ

 投稿者:SAYO  投稿日:2010年 4月20日(火)01時29分45秒
返信・引用
  あらら、カウンタ200ゲット。またもや管理人自ら・・・(汗

訪問数のわりにカキコ増えませんね(涙)
皆様、悩み中なんだと思いつつ。

本題。
やはり2話は必然みたいですね。
初登場の1話より、主水と仲間になる2話のほうが重要ですね!

で、もう一つ選ぶとなると・・・
私の候補は次の2作です。

まずは、ZEROさんも挙げた19話『仕事人が女に惚れてなぜ悪い?』
女性絡みの記念すべき第一弾(笑)
秀の純愛ストーリィ。かつ2代目元締めおとわさんに一応認めてもらえるようになる節目かな。

もう一つは39話『櫛技斬!子守唄』
こちらも女性絡み(^.^;;
若かりし頃の秀らしらさ、短気、優しさなどがよく出てると思います。
まぁ、その優しさ(?)が悲劇を生むわけだけど・・・(汗
そして挿入歌「いま、走れ!いま、生きる!」の使い方もよかったですよね。

この2作かな~
どちらも女性絡みというのは何ですが・・・
このうちどちらかと言われれば、悩むけれど、短パン姿あり(*≧v≦*)(がけを転がっていく)
ってことで、39話を選びます(照)
 

私なら、この作品を。

 投稿者:ZERO  投稿日:2010年 4月10日(土)12時56分8秒
返信・引用 編集済
  「仕事人」 シリーズのDVD1,2,3(3は上巻のみ)を買って、大切に大切に置いてあり、まだ1度しか見てないんですけど(;゜ロ゜)、

・・・・・・ちょっと、記憶が途絶えしまっているのですが(笑)、
第2話は、これから長い付き合いになる中村もんど(←漢字変換できなくて、ごめんなさい)
との詳細な出会いについてがわかる作品。 これは、絶対にはずせないと思います。

↑すみません、サブタイトルは「暗闇に光る目はは誰か? (←秀さん)」 でしたよね?

それから、他には19話=「仕事人が女に惚れてなぜ悪い?」
こちらも、記念すべき第一弾ですね。 女性絡みの(^_^;)
ヒロイン役の可憐で純情な演技に嫉妬心を覚えましたので(笑)。 それと、私には、秀さんの短所と長所が、 「特に」 大きく表現されている作品だとも思う。

それから、何話か忘れてしまったが、この話も印象的。

確か、サブタイトルが 「尼寺に鬼女は棲むのか?」
仕置きする相手の女性を翻弄(?) するところ? では本当に 「そうなってしまうの?」 と冷や冷やもんでした(笑)。 私、悲鳴あげながら見ていましたもん(笑)。

う~ん・・・・・。だんごさんと同じく、私も悩みますね・・・・・。

どうせなら、3話か4話いれたいぐらい(笑)。
 

私も第2話

 投稿者:だんご  投稿日:2010年 4月 9日(金)21時17分40秒
返信・引用
  SAYOさんこんにちは やはり第2話は外せないですね。
でもあともう1話となるとこれが難しぃぃ です。
お話のおもしろさからいったら3、4、6話がお勧めですが、秀のベストとなると考えてしまいます。
他の作品にも見せ場は充分にあるのです。ネタばれになるかもですが、初期でいえば
襲ってきた刺客を鮮やかに仕留める5話。(裏の)仕事の際に的となる女性を誘惑(笑)する8話。
依頼人(となる)弱い立場の人達の為に奔走する9話、10話、11話。
セリフは一言も無いけれどある意味体を張って頑張っている12話。
いろいろありますよねえ。
第2話が、裏の仕事の事を「スカッとする」と言い切った秀が この仕事のやりきれなさに初めて気付くお話でしたので
第25話「裏の裏のそのまた裏に何があるのか?」はどうでしょう。
主水さんや左門さんの裏の仕事に対する確固とした覚悟を知って自分の浅さを思い知る秀さんでしたので…
でもメインではないですもんね。 うーー悩みます。しばらくあれでもないこれでもないと楽しみたいと思います。
 

実は見てません!

 投稿者:なお  投稿日:2010年 4月 8日(木)14時24分9秒
返信・引用
  SAYOさん、こんにちは。
予想大会をしてくださってありがとうございます~。楽しみがまたひとつ増えました(^-^)。
まずは「必殺仕事人」からということですが、私はスペシャルの「恐怖の大仕事」しか見ていないので分かりません。必殺サイトさんのあらすじを読み、興味のあるものはあるのですが(秀中心話)、「必殺仕事人」は、DVDマガジンに入った話をお初(^-^)としようと決めています。
SAYOさんご推薦の“秀さんのもじもじ”も見たいです。言葉遣いは荒いのに、かわいいでしょうね。
「大仕事」を見ただけでも、シリーズ当初の秀さんの若さゆえの気骨さやまっすぐさが新鮮です。赤いお布団で遊んでいたりと、後半シリーズよりもずっと“男”だったのが分かります。
DVDマガジンを見て、その後、みなさんが予想されたお話を順次、見たいと思います。
あぁ~~、ほんと、楽しみですね!!
 

第2話『主水危うし!闇に光る眼は誰か?』

 投稿者:SAYO  投稿日:2010年 4月 8日(木)01時58分38秒
返信・引用
  これが秀出演のベスト作かと聞かれれば、何ですが・・・(;^_^A

やはり、秀が主水たちと組むことになるこの話は、秀シリーズとしては外せないかな、と。
ラストシーンの「俺、お前さんたちと組みたいんだが」と地面をいぢいぢしている姿が、なんとも言えません。
後期の秀を見慣れてしまうと、ほんとに新鮮!

今見ると、やはり若いぞ、秀(*^.^*)
 

予想大会スタート!

 投稿者:SAYO  投稿日:2010年 4月 8日(木)01時54分8秒
返信・引用
  必殺DVDマガジン発売記念!
いよいよ、4/23に『錺職の秀』が発売されます。

DVDには、「必殺仕事人」から2話入っています。
さて、何話が入っているでしょうか?

皆で予想しましょう!
というか、あなたならば、何話をいれますか?

発売後は、この話ははずせない!などのテーマで展開していきたいと思います。
 

レンタル掲示板
/1