投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 用意するもの

 投稿者:GO  投稿日:2017年 6月22日(木)20時36分57秒
返信・引用
  > No.2589[元記事へ]

筋骨隆々計画さんへのお返事です。

筋骨隆々計画さん,こんばんは。
既にすべて揃われているかと思います。

あと、クレンブテロールとカフェイン含有の飲み物との併用により副作用症状が出やすくなる
と書かれている説明を私も読んだことがありますが、私はクレンを使用するときでも大好きなコーヒー
は欠かさず飲み続けていますが、副作用症状を感じた事はありません。

この辺りの事は筋骨隆々計画さんご自身で試していく中で、コーヒーを飲む量などの加減を体感から
学んでいく方が良いかと思います。

> 8月頃から開始予定で、STRONGCONNECTIONに注文したら、もう届いて驚いてます(^^;
>
> デカ 300mg/週+テストE 600mg/週+アナボル 25mg/日でサイクル予定で、
> ケア剤も含め、下記の物を揃えました。
>
>
> デカデュラボリン
> テストステロン・エナンセート
> ダイアナボル
> アリミデックス
> プロスカー(フィンペシア)
> ノルバデック(サイトタム)
> クロミッド
> アキュテイン
> HCG 5000IUA
>
> 注射器 5ml
> ニードル 23G
>
> 他に、何か揃えるものがあれば、教えてもらえますか?
>
> 消毒用のアルコール(個梱包のアルコール綿)は買いました。
>
> あと、ステサイクル開始までに、体重を落とすのにクレンブテロールの使用を考えてます。
> コーヒーと一緒に接種してはいけないようなことを、どこかで読んだのですが、やめた方がいいのでしょうか?
> 僕は、毎日2~3杯ブラックで飲んでいます。
>
 

Re: SARMs

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月22日(木)19時46分17秒
返信・引用
  > No.2591[元記事へ]

ダンベルさんへのお返事です。

Jさんより許可を頂きましたので、MK-2866の解説のみ紹介します。

解説
MK-2866はGTx社によって筋肉疲労を治療するために作られたものである。それは後に萎縮(身体部分の浪費)、 悪液質 、 筋肉減少症およびホルモンまたはテストステロン補充療法を避けるための治療法となり得る。 このタイプのSARMは、除脂肪体重を保持するだけでなく、筋量を増加させることもできる。

来月発売予定のパーフェクトドーピングマニュアル第二弾より抜粋させて頂きました。
他のSARMsやSARMsのスタッキングなど出ていますので、急がないのであればこちらを購入して下さい。

> MK-2866等SARMsが気になり、色々と調べてみたのですが、容量を守れば副作用もない・など良いことしか出てきません。知識の浅い私には、この程度しか調べられません。効果や重要な副作用等のご指導頂ければと思います。
 

SARMs

 投稿者:ダンベル  投稿日:2017年 6月22日(木)18時54分57秒
返信・引用
  MK-2866等SARMsが気になり、色々と調べてみたのですが、容量を守れば副作用もない・など良いことしか出てきません。知識の浅い私には、この程度しか調べられません。効果や重要な副作用等のご指導頂ければと思います。  

Re: 今年初のバルクアップ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月21日(水)20時08分28秒
返信・引用
  > No.2455[元記事へ]

ダイスケさんへのお返事です。

ダイスケさん
相談事があるので、掲示板一番下の「管理者にメール」
ボタンにて私にメールして頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

 

用意するもの

 投稿者:筋骨隆々計画  投稿日:2017年 6月20日(火)16時57分50秒
返信・引用
  8月頃から開始予定で、STRONGCONNECTIONに注文したら、もう届いて驚いてます(^^;

デカ 300mg/週+テストE 600mg/週+アナボル 25mg/日でサイクル予定で、
ケア剤も含め、下記の物を揃えました。


デカデュラボリン
テストステロン・エナンセート
ダイアナボル
アリミデックス
プロスカー(フィンペシア)
ノルバデック(サイトタム)
クロミッド
アキュテイン
HCG 5000IUA

注射器 5ml
ニードル 23G

他に、何か揃えるものがあれば、教えてもらえますか?

消毒用のアルコール(個梱包のアルコール綿)は買いました。

あと、ステサイクル開始までに、体重を落とすのにクレンブテロールの使用を考えてます。
コーヒーと一緒に接種してはいけないようなことを、どこかで読んだのですが、やめた方がいいのでしょうか?
僕は、毎日2~3杯ブラックで飲んでいます。
 

Re: クレンブテロール

 投稿者:tky  投稿日:2017年 6月12日(月)10時09分18秒
返信・引用
  エンデュランスさんへのお返事です。

ご回答ありがとうございます。
まずは40から試してみようと思います。

> みなさま初めまして。エンデュランスと申します。
> tkyさんへのお返事です。
>
> > ご教授お願い致します。
> > クレンブテロールを初使用しようと思います。
> > 2週間投与の2週間オフのサイクルですと、
> > 1.どれくらいの量を摂ればよいでしょうか?
> > 2.副作用に向けてカリウム、タウリンも摂ろうと思っていますがどれくらいの量をとればいいでしょうか?
> > 3.食事はPFCバランスを整え、2450kcal(備考176.5㎝ 76kg体脂肪率11.8%)で管理していますが、基礎代謝量を下回るカロリー設定をしてもカタボリックすることなく減量は可能でしょうか?
> > ご回答お願い致します。
>
> クレンサイクルを4年やっていますが、カリウムは脚攣りに有効です。
> タウリンは無効です。
>
> カリウムの摂取は尿カリウム値を上げるので、腎臓の値が悪い人は避けたほうがいいです。
> クレンサイクル+カリウム服用直後の検診で注意を受けたことがあります。
>
> タウリンについては今のところ何も有意な研究結果が出ていませんし、私自身使い続けていますが
> 何も起こりません。(ちなみに私は170/62kg/8.5%の持久系トライアスリートで、トレ歴は15年あります)
>
> 「ためしてガッテン」でタウリンがミトコンドリアに働きかけて持久力が上がる?みたいなことを吹聴して
> いたようですが、あの番組もちょっとソースが古かったりして結構眉唾ものでして。
> 先日ビタミンDがスポーツ選手にも有効だと言っていましたが、特に有意なデータが出せないまま茶を濁して
> 終わってしまいました。ビタミンDは少し前にアメリカでブームになりましたが、とっくに廃れています。
> ワールドクラスのプロ選手というのはWADAのおかげで「ほとんどがドーピング扱いになって何も食べられない」中で
> なんでもやる生き物です。ビタミンDは絶対に効果が無いとは言い切れないとしても、タウリンはそういった中で
> 出てきた都市伝説なのではないでしょうか。
>
>
> 摂取量については目的によります。
> スポーツ選手のように持久系トレーニングを併用したいなら低用量をおすすめします。
> クレンに慣れた人でも40mcgx14日間で充分な効果があります。40mcgに抑えれば息が上がる、攣り易くなる
> などの副作用が出にくくなります(それでも息は上がります)。
> ピラミッド式で120mcg程度まで上げていくのが王道ではありますが、恐らく80mcgを超えたあたりから運動時の
> 心拍が10~20bpmほど上がってきます。高心拍への耐力がないと辛いです。
>
> 単に痩せる目的なら140mcgまでガツンと上げて基礎代謝あたりまでカロリーを落とすと良いでしょう。
> ケトチフェンを併用するとなお良し。
> ただし「痩せ薬」ではないので飲んでジッとしてるだけでは期待するほど痩せません。
> 先に述べたような、低用量で持久系トレーニングを併用するほうが確実です。
>
> 質問とは関係ありませんが、バルクアップ寄りのステロイドと併用は禁止です。双方の効果を完全に消してしまいます。
> たとえばデカと併用すると、疲れる、痩せない、体脂肪も上がる、という最悪のパターンになります。
> スタノゾロールとスタックするのが王道とされていますが、これも体質次第かなとも思います。
> クレンはケトチフェンと併用する程度に留めて、基本的にピンで使った方がコントロールしやすいと感じます。
 

Re: クレンブテロール

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月11日(日)22時15分42秒
返信・引用
  エンデュランスさんへのお返事です。

持久系アスリートの方の体験を聞く機会はあまりないので、
エンデュランスさんの書き込みは有難いです。
今後とも宜しくお願い致します。

> みなさま初めまして。エンデュランスと申します。
> tkyさんへのお返事です。
>
> > ご教授お願い致します。
> > クレンブテロールを初使用しようと思います。
> > 2週間投与の2週間オフのサイクルですと、
> > 1.どれくらいの量を摂ればよいでしょうか?
> > 2.副作用に向けてカリウム、タウリンも摂ろうと思っていますがどれくらいの量をとればいいでしょうか?
> > 3.食事はPFCバランスを整え、2450kcal(備考176.5㎝ 76kg体脂肪率11.8%)で管理していますが、基礎代謝量を下回るカロリー設定をしてもカタボリックすることなく減量は可能でしょうか?
> > ご回答お願い致します。
>
> クレンサイクルを4年やっていますが、カリウムは脚攣りに有効です。
> タウリンは無効です。
>
> カリウムの摂取は尿カリウム値を上げるので、腎臓の値が悪い人は避けたほうがいいです。
> クレンサイクル+カリウム服用直後の検診で注意を受けたことがあります。
>
> タウリンについては今のところ何も有意な研究結果が出ていませんし、私自身使い続けていますが
> 何も起こりません。(ちなみに私は170/62kg/8.5%の持久系トライアスリートで、トレ歴は15年あります)
>
> 「ためしてガッテン」でタウリンがミトコンドリアに働きかけて持久力が上がる?みたいなことを吹聴して
> いたようですが、あの番組もちょっとソースが古かったりして結構眉唾ものでして。
> 先日ビタミンDがスポーツ選手にも有効だと言っていましたが、特に有意なデータが出せないまま茶を濁して
> 終わってしまいました。ビタミンDは少し前にアメリカでブームになりましたが、とっくに廃れています。
> ワールドクラスのプロ選手というのはWADAのおかげで「ほとんどがドーピング扱いになって何も食べられない」中で
> なんでもやる生き物です。ビタミンDは絶対に効果が無いとは言い切れないとしても、タウリンはそういった中で
> 出てきた都市伝説なのではないでしょうか。
>
>
> 摂取量については目的によります。
> スポーツ選手のように持久系トレーニングを併用したいなら低用量をおすすめします。
> クレンに慣れた人でも40mcgx14日間で充分な効果があります。40mcgに抑えれば息が上がる、攣り易くなる
> などの副作用が出にくくなります(それでも息は上がります)。
> ピラミッド式で120mcg程度まで上げていくのが王道ではありますが、恐らく80mcgを超えたあたりから運動時の
> 心拍が10~20bpmほど上がってきます。高心拍への耐力がないと辛いです。
>
> 単に痩せる目的なら140mcgまでガツンと上げて基礎代謝あたりまでカロリーを落とすと良いでしょう。
> ケトチフェンを併用するとなお良し。
> ただし「痩せ薬」ではないので飲んでジッとしてるだけでは期待するほど痩せません。
> 先に述べたような、低用量で持久系トレーニングを併用するほうが確実です。
>
> 質問とは関係ありませんが、バルクアップ寄りのステロイドと併用は禁止です。双方の効果を完全に消してしまいます。
> たとえばデカと併用すると、疲れる、痩せない、体脂肪も上がる、という最悪のパターンになります。
> スタノゾロールとスタックするのが王道とされていますが、これも体質次第かなとも思います。
> クレンはケトチフェンと併用する程度に留めて、基本的にピンで使った方がコントロールしやすいと感じます。
 

Re: クレンブテロール

 投稿者:エンデュランス  投稿日:2017年 6月10日(土)09時28分9秒
返信・引用
  みなさま初めまして。エンデュランスと申します。
tkyさんへのお返事です。

> ご教授お願い致します。
> クレンブテロールを初使用しようと思います。
> 2週間投与の2週間オフのサイクルですと、
> 1.どれくらいの量を摂ればよいでしょうか?
> 2.副作用に向けてカリウム、タウリンも摂ろうと思っていますがどれくらいの量をとればいいでしょうか?
> 3.食事はPFCバランスを整え、2450kcal(備考176.5㎝ 76kg体脂肪率11.8%)で管理していますが、基礎代謝量を下回るカロリー設定をしてもカタボリックすることなく減量は可能でしょうか?
> ご回答お願い致します。

クレンサイクルを4年やっていますが、カリウムは脚攣りに有効です。
タウリンは無効です。

カリウムの摂取は尿カリウム値を上げるので、腎臓の値が悪い人は避けたほうがいいです。
クレンサイクル+カリウム服用直後の検診で注意を受けたことがあります。

タウリンについては今のところ何も有意な研究結果が出ていませんし、私自身使い続けていますが
何も起こりません。(ちなみに私は170/62kg/8.5%の持久系トライアスリートで、トレ歴は15年あります)

「ためしてガッテン」でタウリンがミトコンドリアに働きかけて持久力が上がる?みたいなことを吹聴して
いたようですが、あの番組もちょっとソースが古かったりして結構眉唾ものでして。
先日ビタミンDがスポーツ選手にも有効だと言っていましたが、特に有意なデータが出せないまま茶を濁して
終わってしまいました。ビタミンDは少し前にアメリカでブームになりましたが、とっくに廃れています。
ワールドクラスのプロ選手というのはWADAのおかげで「ほとんどがドーピング扱いになって何も食べられない」中で
なんでもやる生き物です。ビタミンDは絶対に効果が無いとは言い切れないとしても、タウリンはそういった中で
出てきた都市伝説なのではないでしょうか。


摂取量については目的によります。
スポーツ選手のように持久系トレーニングを併用したいなら低用量をおすすめします。
クレンに慣れた人でも40mcgx14日間で充分な効果があります。40mcgに抑えれば息が上がる、攣り易くなる
などの副作用が出にくくなります(それでも息は上がります)。
ピラミッド式で120mcg程度まで上げていくのが王道ではありますが、恐らく80mcgを超えたあたりから運動時の
心拍が10~20bpmほど上がってきます。高心拍への耐力がないと辛いです。

単に痩せる目的なら140mcgまでガツンと上げて基礎代謝あたりまでカロリーを落とすと良いでしょう。
ケトチフェンを併用するとなお良し。
ただし「痩せ薬」ではないので飲んでジッとしてるだけでは期待するほど痩せません。
先に述べたような、低用量で持久系トレーニングを併用するほうが確実です。

質問とは関係ありませんが、バルクアップ寄りのステロイドと併用は禁止です。双方の効果を完全に消してしまいます。
たとえばデカと併用すると、疲れる、痩せない、体脂肪も上がる、という最悪のパターンになります。
スタノゾロールとスタックするのが王道とされていますが、これも体質次第かなとも思います。
クレンはケトチフェンと併用する程度に留めて、基本的にピンで使った方がコントロールしやすいと感じます。
 

Re: クレンブテロール

 投稿者:tky  投稿日:2017年 6月 7日(水)07時39分19秒
返信・引用
  > No.2584[元記事へ]

GOさんへのお返事です。
丁寧なご回答ありがとうございます。
届き次第タウリンの効果をここにご報告させていただきます。
塩酸ジフェンヒドラミンは長期使用しない限り準備はしなくても大丈夫という解釈で大丈夫でしょうか?
> tkyさんへのお返事です。
>
> タウリン 調べました。
> 英語でも clenbuterol taurine
> でも検索して調べてみました。
>
> クレン使用時には3-5gの摂取が最良という掲示板書き込みは見当たります。
> しかし、よく読み続けますと製造元などの研究所はそのような事実はないとしています。
> すみませんが、タウリンで指先の震えが止まる、、、やタウリンの高容量摂取の必要性に
> たいする医学的文献内容は見つけられませんでした。
> しかし指先の震えなど私は皆無です。クレンによる副作用は体感した事がありません。
>
> まずはクレンブテロールのみで試したのち副作用が発症するようでしたら、
> タウリンの高容量を利用して指先の震えや攣りは予防できましたかどうか
> もし試されるのでしたら、今後の勉強のために教えていただけると感謝します。
> ーーーーーーーーー
> クレンブテロールの単体での使用方法ですが一日に80-120Mcgを摂取します。
> 1錠60Mcg含有されておりますので日に2錠ということです。
> 減量と同時に摂取されて代謝を挙げて、脂肪燃焼に働きますので減量を決意しましたら摂取開始です。
>
> クレンブテノールは2週間以上連続使用すると耐性が生じるとして、塩酸ジフェンヒドラミンを併用する事で
> 耐性を避けれる、深く眠れるなどビルダーでは多くの人に使われています。
>
>  抗ヒスタミン剤が効果的とのことで、ケトチフェンを好んで使用する方もいますが、
>  私は米国のステロイド本でも紹介され、手軽に手に入る塩酸ジフェンヒドラミンを使用しています。
>  塩酸ジフェンヒドラミン はドリエルなど睡眠改善薬が薬局で売っていますがより安く同じ効果
> としてレスタミン錠が人気です。
>
>  詳細は
> http://matome.naver.jp/odai/2135112148383863401
>
>
> 使用方法として
> クレンブテロール120mcg(朝40mcg、昼40mcg、夜40mcg)(もしくは朝60Mcg、夕方60Mcg) 寝る前 ジフェンヒドラミン50㎎
>
> 食事に関してですが、クレンブテロールにも筋肉増強作用が見受けられていますが、それはしっかりとした栄養を摂取している状況下での事ですので、減量中で基礎代謝より低い食事制限をされる場合、カタボリックにも傾きかけるでしょう。
> しかし減量する以上、筋量を完全に維持する事自体ほとんど無理ですので、ご自身での判断で摂取栄養素を見極めて減量を進めるしかないかと思います。
>
> もしくはアナボリックステロイドでCuttingサイクルを組んだうえで減量食で筋量維持に努める方法が良いかもしれません。
>
> > ご教授お願い致します。
> > クレンブテロールを初使用しようと思います。
> > 2週間投与の2週間オフのサイクルですと、
> > 1.どれくらいの量を摂ればよいでしょうか?
> > 2.副作用に向けてカリウム、タウリンも摂ろうと思っていますがどれくらいの量をとればいいでしょうか?
> > 3.食事はPFCバランスを整え、2450kcal(備考176.5㎝ 76kg体脂肪率11.8%)で管理していますが、基礎代謝量を下回るカロリー設定をしてもカタボリックすることなく減量は可能でしょうか?
> > ご回答お願い致します。
 

Re: クレンブテロール

 投稿者:GO  投稿日:2017年 6月 7日(水)00時10分52秒
返信・引用
  tkyさんへのお返事です。

タウリン 調べました。
英語でも clenbuterol taurine
でも検索して調べてみました。

クレン使用時には3-5gの摂取が最良という掲示板書き込みは見当たります。
しかし、よく読み続けますと製造元などの研究所はそのような事実はないとしています。
すみませんが、タウリンで指先の震えが止まる、、、やタウリンの高容量摂取の必要性に
たいする医学的文献内容は見つけられませんでした。
しかし指先の震えなど私は皆無です。クレンによる副作用は体感した事がありません。

まずはクレンブテロールのみで試したのち副作用が発症するようでしたら、
タウリンの高容量を利用して指先の震えや攣りは予防できましたかどうか
もし試されるのでしたら、今後の勉強のために教えていただけると感謝します。
ーーーーーーーーー
クレンブテロールの単体での使用方法ですが一日に80-120Mcgを摂取します。
1錠60Mcg含有されておりますので日に2錠ということです。
減量と同時に摂取されて代謝を挙げて、脂肪燃焼に働きますので減量を決意しましたら摂取開始です。

クレンブテノールは2週間以上連続使用すると耐性が生じるとして、塩酸ジフェンヒドラミンを併用する事で
耐性を避けれる、深く眠れるなどビルダーでは多くの人に使われています。

抗ヒスタミン剤が効果的とのことで、ケトチフェンを好んで使用する方もいますが、
私は米国のステロイド本でも紹介され、手軽に手に入る塩酸ジフェンヒドラミンを使用しています。
塩酸ジフェンヒドラミン はドリエルなど睡眠改善薬が薬局で売っていますがより安く同じ効果
としてレスタミン錠が人気です。

詳細は
http://matome.naver.jp/odai/2135112148383863401


使用方法として
クレンブテロール120mcg(朝40mcg、昼40mcg、夜40mcg)(もしくは朝60Mcg、夕方60Mcg) 寝る前 ジフェンヒドラミン50㎎

食事に関してですが、クレンブテロールにも筋肉増強作用が見受けられていますが、それはしっかりとした栄養を摂取している状況下での事ですので、減量中で基礎代謝より低い食事制限をされる場合、カタボリックにも傾きかけるでしょう。
しかし減量する以上、筋量を完全に維持する事自体ほとんど無理ですので、ご自身での判断で摂取栄養素を見極めて減量を進めるしかないかと思います。

もしくはアナボリックステロイドでCuttingサイクルを組んだうえで減量食で筋量維持に努める方法が良いかもしれません。

> ご教授お願い致します。
> クレンブテロールを初使用しようと思います。
> 2週間投与の2週間オフのサイクルですと、
> 1.どれくらいの量を摂ればよいでしょうか?
> 2.副作用に向けてカリウム、タウリンも摂ろうと思っていますがどれくらいの量をとればいいでしょうか?
> 3.食事はPFCバランスを整え、2450kcal(備考176.5㎝ 76kg体脂肪率11.8%)で管理していますが、基礎代謝量を下回るカロリー設定をしてもカタボリックすることなく減量は可能でしょうか?
> ご回答お願い致します。
 

クレンブテロール

 投稿者:tky  投稿日:2017年 6月 6日(火)12時19分37秒
返信・引用
  ご教授お願い致します。
クレンブテロールを初使用しようと思います。
2週間投与の2週間オフのサイクルですと、
1.どれくらいの量を摂ればよいでしょうか?
2.副作用に向けてカリウム、タウリンも摂ろうと思っていますがどれくらいの量をとればいいでしょうか?
3.食事はPFCバランスを整え、2450kcal(備考176.5㎝ 76kg体脂肪率11.8%)で管理していますが、基礎代謝量を下回るカロリー設定をしてもカタボリックすることなく減量は可能でしょうか?
ご回答お願い致します。
 

Re: 減量について

 投稿者:サンダーソンメール  投稿日:2017年 6月 5日(月)19時57分38秒
返信・引用
  > No.2580[元記事へ]

XXLさんへのお返事です。
返信ありがとうございます。
夏までにもう少し見れる体型にしたいんですがね・・・
もう少しペースを落としてみます。

> サンダーソンさんへのお返事です。
>
> プロではないのですが、コメントさせて頂きます。
> 減り具合としては素晴らしいスピードですが、
> もう少しペースダウンさせても良いと思います。
> カッテイング用のステを使いつつ有酸素運動を増やしても良いかもしれませんね。
>
> > 3月からシェイプアップ目的で減量を開始しました。
> > 体重の減りが下記の感じなんですが、この減り具合はこちらのプロの方から見てどんな感じでしょうか?
> > アドバイスを頂けたらと思います。
> > この先は最低でも体脂肪率20%を切るぐらい、出来れば10%前半ぐらいを目指したいと考えています。
> >
> > 減量前 身長 180cm 体重 120.0kg 体脂肪率 28.0%
> >
> > 今日   身長 180cm 体重 102.2kg 体脂肪率 22.5%
> >
> > 落ちた挙上重量 SQ -12kg BP -7kg DL -10kg
> >
 

Re: 注射器の数

 投稿者:筋骨隆々計画  投稿日:2017年 6月 5日(月)09時13分37秒
返信・引用
  > No.2578[元記事へ]

syoさんへのお返事です。

返信ありがとうございます。

ネットとかでも、一緒に使っている人が多かったので、どうしようかと思っていたんですけど、
最初なので、デカ+アナボルだけでもそれなりに実感できるかと思ったものですから。

やっぱり、テストEをプラスしたスタックの方が、効果の実感はあるんですか?

注射器の本数などの返答もありがとうございます。
基本的に、接種週+予備数本ですね。

開始までもう少し期間がありますので、もう少し情報収取もして決めたいと思います。

ありがとうございました。

> 筋骨隆々計画さんへのお返事です。
>
> 私なら…ですが
> せっかくインジェクションをするのならデカだけではなく、テストEをプラスしてアナボルに関してはなるべく短期間に留めます。
>
> ご質問の件に関しては、こちらも自分なら…で
> シリンジは2.5若しくは5mlを選びます。価格に大きな差はないので、5mlが使いやすいですし、量が多い場合も対応できます。ただし、あまり多量に入れることがいいとは思いません。
> ニードルは23Gでいいと思います。数は、使用する週の長さと同じ、若しくは少し余裕があるくらいでいいと思います。
> HCGを使うなら29Gニードルがあるといいと思いますが、私は23Gでも特に問題はありません。
> ニードルの数はインジェクションする数=週か、吸い上げ用と分けるならその倍用意すれば十分でしょう。私は分ける人間なので8週なら16本、12週なら24本にそれぞれ余裕を持たし、少し多めに買います。
> > はじめまして。
> >
> > 今、減量をしており、もう少し体重を落としたら、
> > ステデビューを考えています。
> >
> > こちらの掲示板を参考に、デカとアナボルでサイクルを考えています。
> > そこで、準備などを始めていこうと思っているのですが、
> > 注射器・針のの数はどのぐらい用意したらいいでしょうか?
> >
> >
> > 注射器の大きさ、針の太さなどを教えていただけるとありがたいです。
> >
> >
> > 宜しくお願いいたします。
> >
 

Re: 減量について

 投稿者:XXL  投稿日:2017年 6月 5日(月)06時58分39秒
返信・引用
  > No.2579[元記事へ]

サンダーソンさんへのお返事です。

プロではないのですが、コメントさせて頂きます。
減り具合としては素晴らしいスピードですが、
もう少しペースダウンさせても良いと思います。
カッテイング用のステを使いつつ有酸素運動を増やしても良いかもしれませんね。

> 3月からシェイプアップ目的で減量を開始しました。
> 体重の減りが下記の感じなんですが、この減り具合はこちらのプロの方から見てどんな感じでしょうか?
> アドバイスを頂けたらと思います。
> この先は最低でも体脂肪率20%を切るぐらい、出来れば10%前半ぐらいを目指したいと考えています。
>
> 減量前 身長 180cm 体重 120.0kg 体脂肪率 28.0%
>
> 今日   身長 180cm 体重 102.2kg 体脂肪率 22.5%
>
> 落ちた挙上重量 SQ -12kg BP -7kg DL -10kg
>
 

減量について

 投稿者:サンダーソンメール  投稿日:2017年 6月 3日(土)19時21分24秒
返信・引用
  3月からシェイプアップ目的で減量を開始しました。
体重の減りが下記の感じなんですが、この減り具合はこちらのプロの方から見てどんな感じでしょうか?
アドバイスを頂けたらと思います。
この先は最低でも体脂肪率20%を切るぐらい、出来れば10%前半ぐらいを目指したいと考えています。

減量前 身長 180cm 体重 120.0kg 体脂肪率 28.0%

今日   身長 180cm 体重 102.2kg 体脂肪率 22.5%

落ちた挙上重量 SQ -12kg BP -7kg DL -10kg
 

Re: 注射器の数

 投稿者:syo  投稿日:2017年 6月 2日(金)17時29分8秒
返信・引用
  > No.2577[元記事へ]

筋骨隆々計画さんへのお返事です。

私なら…ですが
せっかくインジェクションをするのならデカだけではなく、テストEをプラスしてアナボルに関してはなるべく短期間に留めます。

ご質問の件に関しては、こちらも自分なら…で
シリンジは2.5若しくは5mlを選びます。価格に大きな差はないので、5mlが使いやすいですし、量が多い場合も対応できます。ただし、あまり多量に入れることがいいとは思いません。
ニードルは23Gでいいと思います。数は、使用する週の長さと同じ、若しくは少し余裕があるくらいでいいと思います。
HCGを使うなら29Gニードルがあるといいと思いますが、私は23Gでも特に問題はありません。
ニードルの数はインジェクションする数=週か、吸い上げ用と分けるならその倍用意すれば十分でしょう。私は分ける人間なので8週なら16本、12週なら24本にそれぞれ余裕を持たし、少し多めに買います。
> はじめまして。
>
> 今、減量をしており、もう少し体重を落としたら、
> ステデビューを考えています。
>
> こちらの掲示板を参考に、デカとアナボルでサイクルを考えています。
> そこで、準備などを始めていこうと思っているのですが、
> 注射器・針のの数はどのぐらい用意したらいいでしょうか?
>
>
> 注射器の大きさ、針の太さなどを教えていただけるとありがたいです。
>
>
> 宜しくお願いいたします。
>
 

注射器の数

 投稿者:筋骨隆々計画  投稿日:2017年 6月 2日(金)13時15分56秒
返信・引用
  はじめまして。

今、減量をしており、もう少し体重を落としたら、
ステデビューを考えています。

こちらの掲示板を参考に、デカとアナボルでサイクルを考えています。
そこで、準備などを始めていこうと思っているのですが、
注射器・針のの数はどのぐらい用意したらいいでしょうか?


注射器の大きさ、針の太さなどを教えていただけるとありがたいです。


宜しくお願いいたします。
 

Re: カッティングサイクルについて

 投稿者:XXL  投稿日:2017年 5月28日(日)06時50分33秒
返信・引用
  > No.2574[元記事へ]

xyzさんへのお返事です。

条件から外れるかもしれませんが、カッティングの場合は週一で摂取より細かく分けて打った方が良いと思います。私がカッティングでボルデノンを使う場合はトレンやテストプロップと一緒に1日置きに150㎎打っています。
あとアナバーはスタックした方が良いと思いますし、経口摂取で問題ないと思います。
減量幅が大きいのであれば更にクレンやT3などもサイクルに組み込んでも良いのではないでしょうか。

> お知恵を拝借できれば幸いです。
>
> マニュアルを参考に、カッティングにも向いていて、かつ週一注射で済むという条件に絞り
>
> ボルデノン500/week
> パラボラン200/week
> アナバー?/week
> に加え
> 経口ウィン50/dayを6weekでキックしたいと考えています
>
> 今年は増量幅が大きすぎたため、少し無理があるのは承知で、絞りきるためにはhcgを3回入れて16週サイクルを組むしかなさそうです
>
> ステの選択、摂取量、サイクルの組み方など
> また、アナバーはインジェの場合の摂取量の情報が少なく、費用対効果的にも若干疑問があるので、あえてスタックするべきなのか、あるいは経口の方がいいのかなど迷っています。
> ご教示頂けると幸いです。
 

カッティングサイクルについて

 投稿者:xyz  投稿日:2017年 5月26日(金)22時01分42秒
返信・引用
  お知恵を拝借できれば幸いです。

マニュアルを参考に、カッティングにも向いていて、かつ週一注射で済むという条件に絞り

ボルデノン500/week
パラボラン200/week
アナバー?/week
に加え
経口ウィン50/dayを6weekでキックしたいと考えています

今年は増量幅が大きすぎたため、少し無理があるのは承知で、絞りきるためにはhcgを3回入れて16週サイクルを組むしかなさそうです

ステの選択、摂取量、サイクルの組み方など
また、アナバーはインジェの場合の摂取量の情報が少なく、費用対効果的にも若干疑問があるので、あえてスタックするべきなのか、あるいは経口の方がいいのかなど迷っています。
ご教示頂けると幸いです。
 

Re: PCTについて

 投稿者:RV  投稿日:2017年 5月24日(水)21時12分53秒
返信・引用
  > No.2572[元記事へ]

GOさんへのお返事です。

GOさん、お世話になります!

詳しくありがとうございます。安心しました!

また何かお聞きするかもしれませんが、その時はよろしお願いします!

ありがとうございました!

> RVさんへのお返事です。
>
> RVさん、こんにちは!!
>
> Triptorelinは溶解後に冷蔵保存で大丈夫でしょうか?
> @はい、冷蔵庫内で必ず保管してください。
>
> 使用後は次回まで保存出来ないので廃棄でしょうか?
> @ペプチドホルモンは溶解後冷蔵庫内できちんと保管した場合、品質は8週間まで保たれると
> されております。ですので、次回のサイクルで使用する事は不可能となりますので私は廃棄しております。
>
> パウダー溶解の少量での使用が初めてなのですが、
> 100mcgはシビアな量(2mgアンプルの5%)だと思うのですが、どうやって計っおておられますか?
> (ウォーターアンプル数本、空バイアル、インスリンシリンジは持っています)
> @2mgのトリプトレリンに2mlの注射用水で溶解した場合1mlあたり1mg(1000Mcg)のトリプトレリン注射剤が出来上がります。ですので1ccのシリンジを使用して0.1mlだけ吸い上げた後注射すれば100Mcg分となります。
>
> 参考になれば幸いです!!
>
> > GOさんへのお返事です。
> >
> > GOさん、アドバイスありがとうございます!
> >
> > 使用量は多くないものの10週間を超えているので、Triptorelinは自己判断で2回注射してみます。
> > ノルバに関してもありがとうございます!
> > マイルドという事は、HCGのように2時間後にテスト値が上がるというものではないのですね。
> >
> > テストステロン値は1回も計った事がありませんので、次回サイクル前に計っておこうと思います!
> >
> > 重ねてお聞きして申し訳ありません。
> >
> > Triptorelinは溶解後に冷蔵保存で大丈夫でしょうか?
> > 使用後は次回まで保存出来ないので廃棄でしょうか?
> >
> > パウダー溶解の少量での使用が初めてなのですが、
> > 100mcgはシビアな量(2mgアンプルの5%)だと思うのですが、どうやって計っおておられますか?
> > (ウォーターアンプル数本、空バイアル、インスリンシリンジは持っています)
> >
> > お時間のある時で構いませんので、教えて頂けると助かります。
> >
> > GO様、ありがとうございました!
> >
> >
> > > RVさんへのお返事です。
> > >
> > > こんにちは!
> > > 全ての薬効が抜ける3週間経過時に、
> > > Triptorelinを100μgの皮下注射と同時にノルバ開始、3~4週間続ければ良いです。
> > > 私はノルバを1,2週間は40mg/日摂り、3,4週間は20mg/日摂ってPCTを行います。
> > >
> > > 必要であれば翌週に再度100μgを注射、判断方法はやはりテストステロンの血液検査が一番でしょう。
> > > しかしもともとのテストステロン値を計測していないとなると、年齢からの平均値でしか計測できません。
> > > もし血液検査でテストステロン値を計測するのであれば、本来はOFFの時期に事前に検査してテストステロン値を計測して把握しておく必要があります。
> > >
> > > もしくは、性欲の回復具合から判断して翌週も100Mcg注射するのか判断しても良いかと思います。
> > >
> > > 私個人的な意見ですが、トリプトレリンの注射はHCGと比較しても効果の出現がマイルドです。
> > > ですので10週間を超えるようなサイクルを組む場合は、トリプトレリンは2週間(2回)注射してもよい
> > > かと思います。
> > >
> > > 参考になれば幸いです。
> > >
> > >
> > >
> > > > 初めての書き込みになります、34歳のRVと申します。
> > > > よろしくお願いします。
> > > > マニュアルの方は購入済みです。
> > > >
> > > > PCTについて相談・確認、アドバイス頂ければと思い投稿いたしました。
> > > > (以前、経口剤は経験済みでその時はHCG、クロミッド、ノルバでPCTを行いました)
> > > >
> > > > サイクル12週間でインジェクションが、
> > > > ・TOP BULK STACK 400 ・TOP TESTOSTERONE-E 300
> > > >
> > > > 1週間当たり、
> > > > ボルデノン300mg、テストE 600mg、トレンE 300mg
> > > > ダイアナボル30mg、アナバー30mを、12週間の内4週間サイクルでon off onとしていました。
> > > >
> > > > サイクル中はフィンペシア1mgを毎日、シリマリンを1日1~2回、
> > > > アロマシン、アリミデックス2~3日に1回半錠ずつ、
> > > > ボルデノン対策でプロモクリプチンは用意しましたが、乳房に自覚症状はなかったので飲んだり飲まなかったりです。
> > > > 最後の1~2週間で背中にニキビが多く出来てしまいました。(アキュテインを買っておけばよかったです)
> > > > サイクル半ばでHCG5000を一回注射しています。ニキビ以外に自覚した副作用はありませんでした。
> > > >
> > > > サイクル初期段階で簡単に下半身が即反応するようになり、現在は反応しにくくなっています。
> > > > (サイクル開始前とほぼ同じです)
> > > >
> > > > マニュアルにあるPCT開始までの日数、
> > > > テストEの2週間は過ぎ、ボルデノンの3週間がもう少しで過ぎるところです。
> > > >
> > > > GOさんの過去の書き込みから、Triptorelinを使用したいと思っています。
> > > > 海外サイトも見ましたが、こちらからもアドバイス頂ければ安心してPCTを始められると思っています。
> > > >
> > > > 質問としては、
> > > >
> > > > 全ての薬効が抜ける3週間経過時に、
> > > > Triptorelinを100μgの皮下注射と同時にノルバ開始、3~4週間続ければ良いでしょうか?
> > > > (必要であれば翌週に再度100μgを注射、判断方法はやはりテストステロンの血液検査が一番でしょうか?
> > > >
> > > > 一応、HCG5000は1本、クロミッド、ノルバは十分にあります。
> > > > アリミデックス、アロマシンは残っていません。
> > > >
> > > > 読みにくい上に詳しく書いてしまうと長くなってしまいました、申し訳ありません。
> > > > どなたかアドバイス頂けると助かります、よろしくお願いします。
 

/115